058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

1年間のインターンを終え、日本へ帰ってきました。

とってもおもしろい1年間でした。
元気に過ごせたことにも感謝です。


そして…
ビザの準備が整い次第、今度は正式なスタッフとしてインターン先に戻ります!
また新たなステージが始まるんだなあと思うと、わくわくの気持ちでいっぱいです。


インターン初日にしてスタッフみんなの温かさ、壮大な自然に一気に
魅了されてしまった私。ノートの最初のページに

「(インターン先)と正式に契約する!」

と書いていました。

その後、ネガティブな感情が湧きあがることも多々ありながらも、
「やっぱりここが大好き!」という想いは日に日に増していきました。
その気持ちがみんなにも伝わっていたのでしょうか。
支配人から「4月以降もここにいてほしい」と言ってもらえたときの
喜びは、一生忘れないと思います。


もちろん失敗することもあったけれど、
''一回真剣に謝ったら後には引きずらない'' と決めて、
「これからはこうします、こうするね」と、みんなに伝えることを大切にしていました。
「今日はこういうことがあって大変だったから、次回からは前もってこうする」
というようなことを、ノートに残したりもしていました。

「私がここにいていいのかな…」と不安に思うときもありました。

でも

「私にできないことがあっても、みんながいる。
お互いにフォローし合えばいいんだし、何でも一人でできるようになろうなんて思わなくてもいっか!
私は私ができることを丁寧にやろう」

という、ゆるーい思考に切り替えてからは、すごくラクになりました。


いろんな人が言っていることだけれど、、、

''自分のやりたいことを素直に選んで楽しんでいたら、今の場所にいた''

今、心からそれを実感しています。



2年目もきっと色々な葛藤があるのでしょう。
でも、大丈夫。
それすらも楽しめる自分でいられると思います。


こんなお気楽な私になれたことを幸せに思うし、
そんな私の周りにいてくれる家族、友達、職場のみんなに、

そして、そんな私に出会えたチャンスをつくってくださった
長谷川さんとトラジャルの皆様に、

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当にありがとうございました。

e0272562_11243081.jpg


最後の一枚はどれにするか迷いましたが、バリのアパートから見えた虹を選びました。
実際に見たの何年ぶりだろう~、とても嬉しかった。^^



***私のインターンブログはこの回で終了とさせていただきます。
読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。***
[PR]
# by intern47 | 2013-04-29 11:36
058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

あわわ、前回のブログ更新が11月って。。。
長いことブログの更新を怠ってしまいました。ごめんなさい!
私は変わらず毎日元気です。

私のインターンも残りあとわずか。4月以降に向けて動き出していますが、
また状況が整ってから、最終のご報告をさせていただきたいと思います。


さて、しばらく更新していない間に、私が住んでいるアパートの隣の部屋に
カナダ人のおじいちゃん(といってもまだ61歳らしいけれど、もうちょっと上に見える…)、
リーさんがお引っ越ししてきました。

リーさんはバリ在住歴6年で、よく外出していたので
これまであまり顔を合わせる機会がなかったのですが、
先日リーさんが交通事故に遭ってしまい…

幸い命に別条はなくよかったのですが、お部屋で過ごすことも増えたようです。

最近つたない英語でコミュニケーションをとっているのですが、
「英会話なら喜んで教えてあげるよ。ここに引っ越してくる前も、
バリの人たちに英語を教えていたんだ。ホテル勤務なら必ず必要だろうしね~
生きた英会話を教えてあげる。いつでも呼んで」
と言ってくれたのです。


実は前々から、いい加減こちらで英会話教室を探して通ったほうが…、と
思っていたのでラッキー!!笑
早速先日、雑談を交えながら1時間のレッスンを行ってくれました。


これまで私にとって、英会話ってずっと怖い存在だったんです。

私の中で「正しい文法を…」、「一度で聞き取れるように…」、「失礼のないように…」
などなど、勝手にあれこれ制限をつけすぎて、自分で自分を苦しめていたんだと思います。
もちろんそれができるに越したことはないけれど、
私は自分ができるところからまた少しずつやり直していこうと思いました。

最近はインターネットのホテルの口コミサイトを教材替わりに、
海外のお客様がどのような表現を使っていらっしゃるのかを読んで勉強しています。
自分の勤務しているホテルについて書かれているので話題がぐっと身近に感じられるし、
「あー、こんな風に言うのか!」と、ストンと入ってくる部分もたくさんあって楽しいです。


自分に制限をかけずに、もっと自由に!
じわじわーっと自分の中に広がる、
喜びや安心感を大切にしていきたいと思います^^


*******


先日ミーティング後、バトラースタッフに「写真撮ろうよ~!」と声をかけたところ、
右端の引き出しからいろんなグッズがぽいぽい出てきて。。。

e0272562_20222422.jpg


あっ!という間にこの状態に。
とにかく、みんな笑顔が素敵です^^
[PR]
# by intern47 | 2013-03-20 20:29
058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

今回の私のインターンには、「スタッフに日本語を教える」という仕事も含まれています。
「毎週決まった時間に」というのが難しく、スタッフも私も都合の良いときに
1時間から1時間半ほどかけてレッスンを行っているのですが、みんな熱心に
「これは日本語でどう言うの?」と聞いてきてくれるので私もやりがいを感じています。

私がこちらでお世話になって7カ月。
日本語を話そうとするスタッフもぐーんと増えたように思います。
みんなの覚えが早いこと。本当にびっくりさせられます。

私がいつもみんなに言っていることは、

「忘れても、間違ってもいい。忘れたらまた私に聞いたらいいんだから。何回でもいいよ。
大切なのは毎日使うこと。遠慮しないで。」

ということ。

それを聞いて安心してくれるのか、「うん、ありがとう!」と
みんな笑顔になってくれます。


最近は支配人も「日本語の挨拶から教えてほしい」と言ってくれるようになり、

「こんにちは。はじめまして。わたしはワヤン、ホテルマネージャーです。ウブドへようこそ」

というフレーズで、日本のお客様に挨拶をしてくれるまでに…!
初めてその様子を見たときは「うぅ~」と胸がいっぱいになりました。

これからもみんなが日本語を楽しんで勉強してくれるように、
私も楽しい気持ちを持ってお手伝いしていきたいなあと思っています。


e0272562_1814075.jpg

最近新しい家族を迎えているスタッフが多いです^^
現在、大きなおなかを抱えて働いているスタッフも4名…!
赤ちゃんが産まれたら、ホテル内の掲示板にも写真を貼ってお知らせするんです。
これからたくさんの報告が聞けるのが楽しみ~♪

みんな健康に育ちますように…☆
[PR]
# by intern47 | 2012-11-27 18:13
058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

またまた久々の更新になってしまいました。
バリは少しずつ雨期が近付いており、むわーっとした暑い日が続いています。
(それでもまだ雨の日は少ないかも…)

半年の予定だった私のインターンですが、もう半年延長することが決まり、
今日も元気に働かせてもらっています。

半年後、どうなっているかはわかりません。

でも

「今を大切にする、今に感謝する、
自分がわくわくするほうを遠慮なく選択する」

このシンプルな法則に従って毎日を過ごしていれば、
何があっても大丈夫だと私は思っています。


この半年間断然笑ってるほうが多かったけど、イラっときたり、泣いたりしたこともありました。

「ああしとけばよかった?うーん…」と自分の対応に悩んだこともありました。
でもそういったことも含めた全ての経験が、今の私をつくってくれたんだなあと思います。

ついついヴィラの敷地内を小走りで移動したり、スタッフに要望を伝えるときに早口になってしまったりで
「ゆっくりで大丈夫だよ~」とか、「落ち着いて、落ち着いて」などと言われることもしばしば…。
これからはもうちょっとどっしり構えて、ゆったり行動できる女性になりたいと思います。


よし、明日も一日頑張るぞー!

e0272562_17374641.jpg

先日お休みを利用して、ウブドに新しくできたレストランへ行ってきました。
目の前にはこの景色。のーんびりできました。
[PR]
# by intern47 | 2012-10-26 17:40
058.gif参加されたプログラムはwww.trajal-internship.jp

2012年、年が明けた1月1日。
私は英文の履歴書と格闘していました。
(といっても、英文履歴書サンプルは長谷川さんから送っていただいていたので、
自力で一から作成するよりかはずーっと負担は軽かったはず。)

だけど、そういったことも全部バリにつながっていると思えば楽しく思えてくるから不思議。
やっぱり私はバリが大好きなんだなあと改めて感じた瞬間でもありました。
履歴書(日本語&英語)作成後は長谷川さんとの英語レベルチェック。
15分くらいだったかな?
とっても緊張したのを今でも覚えています。

その前後でちょうどバリ島のあるホテルがスタッフを探しているとの情報をいただきました。
そのホテルは大型ホテルだったのですが、私の希望していた田舎の地域だったので
思い切って挑戦してみることに。


面接の日時がスムーズに決まり、1月の中頃、スカイプにて面接。

…だったのですが、うまくいかずそちらのホテルに決定とはなりませんでした。
その時は若干落ち込みましたが、気を取り直して次の受け入れ先を探していただくことに。

一時は「研修先をバリ島に絞るのであれば、ご希望の4月には間に合わないかもしれません」
と長谷川さんに言われたこともありました。
でも、時期がずれてでも自分が希望する場所で働きたいと思う気持ちは変わりませんでした。

その思いが通じたのか、その10日後…
「バリ島ウブドで受け入れに興味を示してくれているホテルが見つかりました!」
と長谷川さんからご連絡が。

なんとそのホテルは「できたらこんなところがいいなあ」という希望リストの
中に入っていたホテルのひとつだったのです。
(やっぱり自分の希望は遠慮せずに明確にしておくことがとっても重要だと思いました)

その時も面接日時はスムーズに決まり、2月の中旬に電話とスカイプを通しての面接が
行われました。何を聞かれたかははっきり覚えていないのですが…^^;
チームワークでの仕事はどうかとか、趣味のことなんかを話したように思います。

それから約1週間後、長谷川さんから面接合格のご連絡をいただき、
3月後半にビザの申請、チケットの手配、海外旅行保険の申し込みを行いました。

そして4月8日、私はバリ島ウブドへとやってきたのです。


最初の面接がダメだったときも、
4月の出発が難しいかもしれないと言われたときも、
2回目の合格通知を受けるまでに時間がかかったときも、
ビザ取得までにハラハラしてしまうようなことがあったときも、

「何があっても私は大丈夫」
といつも自分に言い聞かせていました。

そしてその都度親身になって対応してくださった長谷川さん、
応援してくれた家族や友達みんなのおかげで
私は今ここでとっても充実した毎日を過ごすことができています。


もちろん嬉しいことばかりではないけれど、
それでも自分が大好きな場所で働けることに幸せを感じています。

どうか私自身がたくさんの人たちを幸せな気持ちにできる人になれますように。


e0272562_1241261.jpg

8月29日はバリのお盆、ガルンガンでした。
フロントの入り口にも、ペンジョールと呼ばれる飾りが設置されており、
風にゆらゆら揺れるとまた一段と素敵です。
[PR]
# by intern47 | 2012-09-02 12:46